【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(建設業) オススメ度:★★☆☆☆

上場市場 東証 1950年09月上場
優待内容
Plants: image 1 0f 1 

500株以上 南魚沼産コシヒカリ 新米(産地精米)5㎏
 
※優待品の南魚沼産コシヒカリは、第三者検査機関の放射性物質検査を受け、安全性が確認できましたので、安心してお召し上がりいただけますことを申し添えます。
 
株主優待提供時期:10月下旬を予定

企業サイト:http://www.aaconst.co.jp/
権利確定月 03月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
15,600円 500株
100株
7,800,000円 4,000円
※想定額
0.05% 6,000円 0.08% 10,000円 0.13%

【青木あすなろ建設の株主優待相当額の想定について】

魚沼産コシヒカリ 5kgの相場より。

【青木あすなろ建設の株主優待について】

株主優待内容は魚沼産コシヒカリです。
青木あすなろ建設は、高松コンストラクショングループの傘下の企業です。みらい建設など海上土木に強みがあり、不動産事業に進出し、風力発電事業なども手がけています。
青木あすなろ建設の株主優待内容は、南魚沼産のコシヒカリ 5kgです。実際のお米が届きますので、満足感は高い優待内容です。また、放射性物質検査も行っており安心して食べられます。
ただ、単位株数は 100株ですが、優待に必要な株数は 500株以上ですので注意が必要です。
2014年2月中旬の株価 550円での必要資金は 275,000円で、優待利回りは 1.5%と残念な水準です。配当は 2.2%ありますので、優待+配当では 3.7%となり残念さはかなり軽減されます。
青木あすなろ建設の株価は、2009年5月に大底を付けた後、いったん大きく反発したものの、2012年9月までは調整局面が続いていました。2012年9月を境に上昇を開始し、3ヶ月ほどで 50%ほど上昇しました。2014年2月の現在もその水準を維持しています。業績は順調に拡大しており、順調に利益も増えていますので、株価上昇を期待しつつ、美味しいお米のご飯を食べるのもいいのではないでしょうか。

【直近 822営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年09月22日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。