【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(建設業) オススメ度:★☆☆☆☆

上場市場 東証 1947年03月上場
優待内容
Plants: image 1 0f 1 

1,000株以上 株主優待専用グルメギフト 1,000円券 5枚( 5,000円)
2,000株以上 株主優待専用グルメギフト 1,000円券 10枚(10,000円)
3,000株以上 株主優待専用グルメギフト 1,000円券 15枚(15,000円)
4,000株以上 株主優待専用グルメギフト 1,000円券 20枚(20,000円)
5,000株以上 株主優待専用グルメギフト 1,000円券 25枚(25,000円)
10,000株以上 株主優待専用グルメギフト 1,000円券 50枚(50,000円)
 
株主優待提供時期:6月下旬送付予定
 
●下記の当社及び当社関連施設ならびに株主優待専用グルメギフトで共通で使用できる利用券を贈呈します。
 
1.全国のダイワロイヤルホテルズの宿泊を含む全てのサービス
  (宿泊、ホテル内でのお食事、お買い物など)
 
2.ダイワロイヤルゴルフでの全てのサービス
  (プレーフィー、ゴルフ場内での飲食など)
 
3.全国のロイヤルホームセンターの全ての商品
 
4.ダイワロイネットホテルズの宿泊
  (ホテル内の入居店舗ではご利用いただけません。)
 
5.スポーツクラブNASのサービス
  (入会金、各種レンタル料など)
 
6.株主優待専用グルメギフト
  A.松阪牛セット(10,000円分)
  B.とらふくちりセット(10,000円分)
  C.特別栽培米魚沼産こしひかり(5,000円分)
  D.近江牛すきやき(5,000円分)
  E.おこわ風うなぎめし(5,000円分)
  F.札幌バルナバベーコン・ハム詰合せ(5,000円分)
  G.吉野めんとつゆセット(5,000円分)
  H.辛子明太子「芳熟の極」(5,000円分)
  I.越後抄 おかきセット(5,000円分)
  I.宇治銘茶趣向(5,000円分)
 
7.社会貢献寄付制度
  吉野山の桜を保全する活動
  世界遺産でもあり国立公園にも指定されている、奈良県・吉野山の約 3万本の桜保全活動にご協力ください。苗木育成・植樹等に活用させていただきます。

企業サイト:http://www.daiwahouse.co.jp/company/yutai/index.html
権利確定月 03月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
1,411,600円 1,000株
1,000株
1,411,600,000円 5,000円
0% 38,000円 0% 43,000円 0%

【大和ハウス工業の株主優待について】

株主優待内容は、自社グループで利用できる優待券かカタログギフト券です。
大和ハウス工業は、戸建て住宅からマンション、賃貸、商業施設、事業施設建設へ展開している建設業の企業です。各分野で有力な地位を占め、都市開発や海外への展開も進めています。
大和ハウス工業の株主優待内容は、自社グループやカタログギフトで利用できる優待券です。額面 1,000円の優待券が保有株数に応じて提供され、自社グループのホテルやゴルフ場、ホームセンター、スポーツクラブで利用できるほか、利用できる施設が身近に方などに対してはグルメギフトも用意されており、カタログの中から保有している優待券の保有額に応じて好きな商品を選んでいくこともできます。
また、10,000株まで保有株数に比例する形で提供される優待券の額も増えていきますので、必要に応じて保有する株数を調整できるところも嬉しい銘柄です。
2014年2月中旬の株価 1,900円での必要資金は 1,900,000円でかなりまとまった資金が必要な上、優待利回りは 0.3%と非常に残念な水準です。ただ、配当は 2.0%あるため、優待+配当での利回りは 2.3%となりやや残念さは緩和されます。
最小単位での 1,000株でも 1,900,000円の資金が必要ですが、10,000株保有するとなると 19,000,000円の資金が必要となります。この単位の資金を投入できる方は他の銘柄に分散投資される方がいいかと思われます。
大和ハウス工業の株価は、2012年11月頃までは低迷していましたが、2012年11月を境に上昇を開始し、2013年5月までの半年間で ほぼ 2倍まで上昇しました。現在は、ピーク時の 15%ほど下げた水準でもみ合っていますが、業績は営業益拡大し、最高純益を更新し、増配も予定していますので、引き続き株価の上昇を期待しつつ、優待を利用することを考えるのもいいかもしれません。

【直近 822営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年09月22日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。