【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(小売業) オススメ度:★★★☆☆

上場市場 東証2部 1958年03月上場
優待内容  100株以上  株主優待お食事券 1,000円×2枚
           または、お米(コシヒカリ) 2kg
 500株以上  株主優待お食事券 1,000円×6枚
           または、お米(コシヒカリ) 5kg
1,000株以上  株主優待お食事券 1,000円×12枚
           または、お米(コシヒカリ) 10kg
 
株主優待提供時期:9月下旬、3月下旬
 
株主優待利用期限:お食事券は発行日より 1年間

企業サイト:http://www.dynac.co.jp/investor/stock/yutai.html
権利確定月 06月、12月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
4,200円 100株
100株
420,000円 4,000円
0.95% 1,000円 0.24% 5,000円 1.19%

【ダイナックの株主優待について】

株主優待内容は、自社店舗で利用できるお食事券か、お米(コシヒカリ)です。
ダイナックは、サントリーの外食事業の中核企業です。「響」「パパミラノ」などのレストランとゴルフ場内食堂受託の 2本柱です。
ダイナックの株主優待内容は、自社のレストランで利用できる割引優待券、もしくは、お米(コシヒカリ)です。
基本的には、自社のレストランで利用できる 1枚 1,000円分の株主優待割引券ですが、近くに店舗がない株主のために、株主優待券を使わずに返送すると、代わりにお米を贈ってもらえます。
レストランは首都圏、京阪神を中心で店舗数は多くはありませんが、落ち着いた雰囲気のものが多くおしゃれに利用するのにいいでしょう。
2014年5月中旬の株価 1,250円での必要資金は 125,000円で、優待利回りは 3.2%と納得できる水準です。ただ、飲食店系の割引タイプの優待内容に比べるとやや魅力に欠けるところも否めません。
また、配当が 0.8%のため、優待+配当での利回りで 4.0%となるため、やや寂しさは感じます。
また、年 2回の合計であるため、1回辺りの配当内容を考えるとさらに寂しさがあります。
ダイナックの株価は、2013年に入り急騰し、2013年5月までの 5ヶ月間で 50%ほど上昇しました。その後の 2014年 5月現在までの 1年間はピーク時の 10%ほど安い水準でもみ合っており、今後の株価動向には注視が必要です。
また、業績は人件費を圧縮し営業増益を達成していますが、会社計画はやや過大と考えられ、計画未達の場合の株価動向には注意が必要でしょう。
また、売買数が非常に少ないため、希望の価格で売買できない可能性も高いため、その点でも注意が必要です。
(2014年05月更新)

【直近 862営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年11月21日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。