【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(小売業) オススメ度:☆☆☆☆☆

上場市場 東証2部 1983年02月上場
優待内容 100株以上 3,000円(1,000円券3枚)の株主ご優待券または精米1kg
200株以上 6,000円(1,000円券6枚)の株主ご優待券または精米3kg
500株以上 12,000円(1,000円券12枚)の株主ご優待券または精米5kg
 
※東京チカラめし、元祖壁の穴では、ご利用頂けません。
 
※2014年1月1日に1株を100株に株式分割を実施しています。
 それに伴い優待内容の基準株式数は、1株を 100株に変更しております。

企業サイト:http://www.sankofoods.com/ir/yutai.html
権利確定月 06月、12月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
10,700円 100株
100株
1,070,000円 6,000円
0.56% 1,600円 0.15% 7,600円 0.71%

【三光マーケティングフーズの株主優待について】

株主優待内容は、お食事券、または、お米です。
三光マーケティングフーズは、居酒屋「東方見聞録」などを展開する外食チェーン企業です。拡大を急ぎすぎた焼き牛丼「東京チカラめし」の建て直しが課題となっています。
三光マーケティングフーズの株主優待内容は、自社店舗で利用できる食事券です。ここの株主優待は、割引券ではなく 1枚 1,000円の金券として利用できます。また、金券として利用できるため、1回に複数枚の同時使用や他のクーポンとの同時使用も可能なため、柔軟な利用が可能な優待券であることは嬉しいところです。
また、2株持っている場合は、1株の純粋に 2倍の優待内容となりますので、資金に余裕がある場合は 2株を購入するのもいいでしょう。
また、優待券の代わりにお米に変更するサービスもあり、近くに店舗がない株主の方に対しての配慮もありますが、お食事券の方が利回りがいいですので、基本的にはお食事券を目指すものでしょう。
ちなみに、2株保有すると 1株と比べ、優待券の額は 2倍になりますが、お米はなぜか 3倍になります!
2014年5月中旬の株価 900円での必要資金は 90,000円と非常に投資しやすく、優待利回りも 6.7%と非常に魅力的です。配当利回りは 1.8%とやや残念ですが、優待+配当では 8.5%となります。
三光マーケティングフーズの株価は、2008年を底値に上昇トレンドに乗って少しずつ上昇していますが、2014年5月現在までの 5年間に 30%ほどですので、上昇ペースはかなり緩やかで、短期間での上下動のリスクの方が大きいでしょう。
ただ、業績は東京チカラめしの大量閉店や居酒屋の苦戦から大幅な営業赤字に転落しており、今後の株価には注視が必要です。
(2014年05月更新)

【直近 822営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年09月22日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。