【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(卸売業) オススメ度:★☆☆☆☆

上場市場 東証 1950年04月上場
優待内容  100株以上 500円相当のクオカード
1,000株以上 1,000円相当のクオカード
2,000株以上 1,500円相当のクオカード
 
株主優待提供時期:2月下旬、8月下旬

企業サイト:http://www.yamashitaika.co.jp/ir/benefit/index.html
権利確定月 05月、11月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
7,800円 100株
100株
780,000円 1,000円
0.13% 3,300円 0.42% 4,300円 0.55%

【山下医科器械の株主優待について】

株主優待内容は、クオカードです。
山下医科器械は、九州地盤の医療機器販売会社です。九州地区ではシェア 1位です。医療界業支援サービスも手がけています。
山下医科器械の株主優待内容は、クオカードです。クオカードは他社と比較し安う畏友対内容ですので、利回りをみて投資判断をすることで問題ないでしょう。
2014年4月中旬の株価 1,700円での必要資金は 170,000円で、優待利回りは 0.6%となり非常に残念な水準です。しかも、これは年 2回の合計での利回りのため、1回あたりの利回りはさらに残念になります。ただ、配当利回りが 1.9%ありますので、優待+配当の利回りは 2.5%となり残念さはかなり軽減されます。
山下医科器械の株価は、2008年に下落は止まったものの、その後 2012年末まで 1000円前後で低迷。しかし、2013年に入り急騰し、2013年6月までの半年間で 2.4倍まで上昇しました。2014年4月現在は、ピーク時の 30%ほど低い水準でもみ合っています。
業績は堅調で、消費税増税の駆け込み需要の反動はあるものの、会社計画を上ぶれる余地はある見込みで、利益も堅調ですので、株主優待ではなく株価上昇を期待してチャレンジするめいがらとしてはいいかもしれません。

【直近 864営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年11月24日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。