【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(小売業) オススメ度:★★★☆☆

上場市場 東証 2006年09月上場
優待内容 100株以上 DCMブランド商品詰め合わせ
      もしくは、東日本大震災支援活動への寄付(優待品に代えて2,000円を寄付)

DCMブランド商品の詰合せの商品は以下となります。
 ・カップで育てるハーブ
 ・フェイスタオル 2枚組
 ・シングルふとん圧縮袋M2枚入
 ・ハブラシ3本組 ふつう
 ・湿気とり 500ml 3個パック
 ・キッチンスポンジソフト 3個パック
 ・クリアブック20P

企業サイト:http://www.dcm-hldgs.co.jp/ir/shareholder-benefits.html
権利確定月 02月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
185,500円 100株
100株
18,550,000円 2,000円
※想定額
0.01% 2,000円 0.01% 4,000円 0.02%

【DCMホールディングスの株主優待相当額の想定について】

「東日本大震災支援活動への寄付の場合は 2,000円」より。

【DCMホールディングスの株主優待について】

株主優待内容は、自社商品の詰合せ、もしくは、寄付です。
DCMホールディングスは、ホームセンター業界の首位企業です。傘下に北海道のホーマック、中京のカーマ、四国のダイキなどを抱えています。
DCMホールディングスの株主優待内容は、自社ブランド商品の詰合せか、東日本大震災支援活動への寄付のいずれかを選ぶことができます。
自社ブランドの詰合せは、「自信を持ってお薦めする、当社オリジナル商品の詰合せです。」との説明はあり、実際に商品が届きますので満足感は高いものの、自分で選択することができるわけではありませんので、場合によってはあまり利用しないものも送られてくる可能性があるところがやや残念にも思えるところでしょうか。
2014年1月中旬の株価 700円での必要資金は 70,000円と非常に投資しやすく、優待利回りは 2.9%と標準的な水準です。また、配当も同水準あるため、優待+配当で 5.8%となり魅力的な水準です。
DCMホールディングスの株価は 2013年に入り急騰し、1月から4月末までの 4ヶ月間で 70%近い上昇をしています。現在は、その後の調整局面となっており、また、会社の業績予想より下振れする可能性があり、投資をする場合は注意が必要です。

【直近 864営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年11月24日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。