【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(繊維製品) オススメ度:☆☆☆☆☆

上場市場 東証 2004年03月上場
優待内容 花と実の会特別奉仕会へのご招待(東京・大阪会場にて年 2回開催)
(1)5月または 6月開催予定の特別奉仕会-権利確定日:2月末日
(2)11月または 12月開催予定の特別奉仕会-権利確定日:8月末日
 
 100株以上 黄券(初日 13:00より入場可) 4枚
 105株以上 緑券(初日 11:30より入場可) 4枚
 300株以上 青券(初日 9:30より入場可) 4枚
1,000株以上 青券(初日 9:30より入場可) 5枚
 
※「花と実の会特別奉仕会」は、株主へ向けた優待セールです。

企業サイト:http://www.renown.com/ir/stock/index.html
権利確定月 02月、08月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
320,600円 100株
100株
32,060,000円 40,000円
※想定額
0.12% 0円 0% 40,000円 0.12%

【レナウンの株主優待相当額の想定について】

花と実の会特別奉仕会(優待セール)への招待。50%Off程度の商品を 20,000円分購入したと想定。これを年 2回。

【レナウンの株主優待について】

株主優待内容は、株主優待セールへの招待です。
レナウンは、レナウンとダーバンが経営統合してできた企業です。不振が続いており、2010年に中国の山東如意が筆頭株主になり、2013年に子会社化されました。
レナウンの株主優待内容は、株主優待セールへの招待です。保有株数によって優待セールに入場開始できる時間が変わるという内容です。優待セール開始と同時に入場をするためには 300株以上の保有が必要です。
レナウンの衣料を愛用されている方にとっては魅力的な優待内容となりますので、狙うアイテムによって取得する株数を決めるといいでしょう。
ちなみに、100株以上の次は、105株以上となっていますが、売買単位は 100株単位のため、実質 200株以上となります。
2014年1月中旬の株価 130円での必要資金は 13,000円と非常に投資しやすく、優待利回りも 300%を越えており、他の追随を許さない利回りとなっており、優待セールの入場チケットを買う感じでとりあえず購入するという考えでもいいかもしれません。
レナウンの株価は、長年業績が低迷していることもあり、2010年夏に山東如意が筆頭株主になったこともあり 400円台まで急騰する場面がありましたが、2009年以降の株価はおおむね 150円前後で低迷しています。
業績は徐々に改善しているとはいえ、現在も業績低迷を脱しておらず、投資先としてはリスクがありますが、投資資金の額が大きくないだけに、優待セールを目的としてリスク覚悟でチャレンジするのは悪くない選択肢でしょう。

【直近 864営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年11月24日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。