【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(小売業) オススメ度:★★★★★

上場市場 東証2部 1973年10月上場
優待内容 500株以上 15%Offの株主優待証を 1枚贈呈
 
・当社直営店舗の店頭において、株主優待証のご提示により、会計料金の 15%を割引いたします。
 (お会計の際、伝票にご署名をお願いいたします。)
・同伴者の方も一括払いにて同様の扱いとさせていただきます。(回数制限無し)
・ランチメニューと貸切パーティー、ウェディングは除きます。また、各種割引及びクーポン券類との併用もできません。
・当社直営店舗でないデパート等の催事販売、通信販売、オンラインショッピング等はご利用できません。
・株主優待証の紛失、盗難、滅失などの責任は負いかねます。また、再発行もいたしません。
 
株主優待利用期限
  12月31日基準の株主:4月1日から 9月30日までの 6ヶ月間
  6月30日基準の株主:10月1日から 3月31日までの 6ヶ月間

企業サイト:http://www.global-dining.com/ir/stocks/
権利確定月 06月、12月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
70,800円 500株
100株
35,400,000円 18,000円
※想定額
0.05% 0円 0% 18,000円 0.05%

【グローバルダイニングの株主優待相当額の想定について】

15%Offの優待証、利用制限なし。1回 2名で 10,000円の食事をし 15%Offの優待券を使用したと想定。月 1回利用と想定。

【グローバルダイニングの株主優待について】

株主優待内容は、自社直営店舗で利用できるお食事券です。
グローバルダイニングは、は、首都圏を中心にダイニングレストランを展開している企業です。展開している業態は非常に多岐にわたり、業態開発力に定評があり、凝った内装の店舗も魅力的です。アメリカにも出店し、オーナー色が強い企業です。
グローバルダイニングの株主優待内容は、自社直営のレストラン等で使える 15%Offの株主割引証です。割引率は 15%とそれほど大きなものではありませんが、半年の期限内での利用制限はなく、同一グループであればすべて割り引くこともできるため、会社の仲間など 4、5人程度で月 1回くらいのペースで飲みに行くことを想定するとかなりの恩恵を受けることができるでしょう。
ただ、ランチには使えないことと他のクーポンなどと併用できませんので、クーポンを利用できる店舗ではそれほど大きな割引の差にはならない場合もあるでしょう。
また、単位株数は 100株ですが、優待を受けるには 500株必要なので注意が必要です。
2014年5月中旬の株価 190円での必要資金は 95,000円と非常に投資しやすく、優待利回りも 18.9%と非常に魅力的な水準です。ただ、配当はありませんので注意が必要です。
グローバルダイニングの株価は、長期トレンドは下落となっていますので、注意が必要です。加えて、売買数が少ないことも手伝って、短期的に大きく値が動く場合もありますので、株主優待目的に投資する場合は売買のタイミングを計ることが必要です。
業績は、不採算店の見直しやメニューの見直しなどで改善をしているものの、業績は足踏み状態です。アメリカに出店している 3店舗も建て直しを行っている最中です。
また、先にも書きましたが、売買数が非常に少ないため、希望の価格で売買できない可能性も高いため、その点でも注意が必要です。
(2014年05月更新)

【直近 889営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年12月29日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。