【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(小売業) オススメ度:☆☆☆☆☆

上場市場 東証 1948年09月上場
優待内容  500株以上 株主優待券 2枚
1,000株以上 株主優待券 4枚
5,000株以上 株主優待券 6枚
10,000株以上 株主優待券 8枚
50,000株以上 株主優待券 10枚
 
※中国料理 東天紅・LUCIS GARDEN・T’S GARDEN、日本料理 海燕亭でのご飲食、ご婚礼、自社製の土産品について 20%の割引を致します。尚、特別企画商品(ご宴会飲み放題プラン・ご婚礼期間限定プラン)、割引商品などの一部特定商品との併用は出来ません。
 
※株主ご優待券のご使用に際しましては、現金でのご利用をお願い申し上げます。
 
※株主ご優待券をご利用の際は、あらかじめ各店予約係までお申し出頂ければ良いお席が確保でき、幸甚に存じます。

企業サイト:http://www.totenko.co.jp/company/stockholder
権利確定月 02月、08月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
15,800円 500株
1,000株
7,900,000円 6,720円
※想定額
0.09% 0円 0% 6,720円 0.09%

【東天紅の株主優待相当額の想定について】

20%Off優待券 2枚提供。東天紅上野本店で「上海蟹コース」8,400円を 2人の利用の際に 20%割引優待を利用したと想定。これを年 2回。

【東天紅の株主優待について】

株主優待内容は、自社店舗で利用できるお食事券です。
東天紅は、中華レストラン「東天紅」を全国の都市部に展開している企業です。宴会依存度が高く、2015年には上野本店が竣工します。
東天紅の株主優待は、自社店舗で利用できる 20%Offとなる株主優待お食事券です。
東天紅は宴会などの大きな宴席での利用が多いため、そこを 20%Offを利用できることを考えると非常に大きなメリットがある優待とも言えるでしょう。また、お土産等の利用でも優待が使えますし、予約の際に株主優待を利用することを伝えると、株主としていい席を用意する配慮もしてくれるそうですので、株主としてのメリットを最大限に利用するのもいいでしょう。
ただ、近くに店舗がない方にとっては全く価値がない優待内容となります。
2014年1月中旬の株価 200円での必要資金は 100,000円と投資しやすい水準で、優待利回りも 6.7%と魅力的な水準です。同業の飲食業は優待利回りが高い傾向にありますが、それらと比べても満足できる水準です。また、想定では 2人で年 2回の利用を想定していますが、もっと大人数で宴会をする場合などに利用するともっと高い利回りとなるでしょう。
ただ、配当がありませんのでその点は非常に残念です。
東天紅の株価は、2012年を大底に回復していると見ることもできますが、2008年以降2014年の現在も 100円~200円の間で推移していると見ることもでき、投資の際には注意が必要です。
業績も、上野の新本店が改装中と言うこともあり、営業減益が続いており、特別損失も続き最終赤字となる模様ですので、新本店が稼働を始める 2015年までは注意が必要ですが、それを見越して今から仕込んでおくのであればいいのかもしれません。

【直近 888営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年12月29日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。