【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(小売業) オススメ度:★★★★☆

上場市場 東証 1919年03月上場
優待内容 100株以上 株主優待カード
 
※お買物が本体価格に対して、10%の割引となります。
 (カードのご利用回数・金額制限はございません)
 
※2%のお買物優待割引
セール品・食料品・レストラン等のお買物が、本体価格に対して、2%の割引となります。(カードのご利用回数・金額制限はございません)
 
※お支払いは、現金、松屋商品券、全国百貨店共通商品券(JTB・ナイスショップ等を除く)、松屋プリペイドカード(松屋友の会プリペイドカードを除く)に限らせていただきます。
 
※有料文化催事の入場無料
松屋銀座で開催の有料文化催事に、株主様ご本人並びにご同伴者 1名様まで無料でご入場いただけます。
 
※お中元・お歳暮でも株主お買物優待カードがご利用いただけます。
 お中元・お歳暮のカタログの中で「M」マークがついている商品は10%の割引ご優待対象商品となります。(それ以外の商品は2%のご優待割引となります。)

企業サイト:http://www.matsuya.com/ir/card/index.html
権利確定月 02月、08月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
176,900円 100株
100株
17,690,000円 20,000円
※想定額
0.11% 0円
※前期額
0%
※前期額
20,000円 0.11%

【松屋の株主優待相当額の想定について】

10%Off優待カード提供。1年間で 200,000円の買い物をしたと想定し、これに対して 10%Offの優待カードを利用。

【松屋の株主優待について】

株主優待内容は、自社店舗で利用できる株主優待カードです。
松屋は、呉服店発祥の名門百貨店です。銀座本店と浅草店の 2店体制で独立路線を維持しています。子会社で飲食店も運営しています。
松屋の株主優待内容は、お買い物の商品が 10%Offとなる株主優待カードです。近くに店舗があり、よく利用される方にとっては、百貨店での 10%Offの割引優待カードはかなりの優待額になる可能性もあるでしょう。また、基本的に株主優待は 2月末の株主に対して提供されますが、8月末の株主に対しては、半年間有効の株主優待カードが提供される嬉しい配慮もあります。
ただ、近くに店舗がない方に取っては価値がない優待内容です。
2014年1月中旬の株価 1,200円での必要資金は 120,000円で、優待利回りは 16.7%と非常に高くなっています。この優待利回りは、年間 200,000円の利用を想定していますので、それよりもっと利用されるユーザにとってはもっと魅力ある優待となるでしょう。
松屋の株価は 2012年2月を境に上昇を始めたものの、2013年3月から5月にかけて 2ヶ月間で 2.6倍にまで急騰した影響で、現在は調整局面ですが、長期的な視点では上昇トレンドはまだ崩れていません。
また、2015年2月の期には銀座本店がリニューアルの効果がフルに寄与し、増益基調のため、それをどう株価に見込むかによって今後の株価の見方が変わってくるでしょう。

【直近 888営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年12月29日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。
※「配当」は、当期配当額未定のため、前期の額を掲載しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。