【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(その他金融業) オススメ度:★★☆☆☆

上場市場 東証 1982年05月上場
優待内容  100株以上 125ポイント
 200株以上 250ポイント
1,000株以上 500ポイント
2,000株以上 750ポイント
 
※優待対象カードは当社ポケットポイントプログラム対応カードに限ります。
 
※カードの入会申込については、通常の当社入会審査を行ないますので、カードの発行についてご希望に添えない場合がございます。
 
※毎年5月と11月に送付する「株主優待制度お申込書」に、ポイント贈呈を希望するカード番号等を記載の上、当社宛にご送付いただくことで優待制度にお申込いただけます。

企業サイト:http://www.pocketcard.co.jp/ir/stock/stock_04.html
権利確定月 02月、08月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
185,600円 100株
100株
18,560,000円 1,000円
※想定額
0.01% 850円 0% 1,850円 0.01%

【ポケットカードの株主優待相当額の想定について】

年間 250ポイント提供。250ポイントで「ファミリーマートお買い物券 1,000円分」と交換可能より。

【ポケットカードの株主優待について】

株主優待内容は、ポイントプログラムで利用できるポイントです。
ポケットカードは、SMBC系のカード中堅企業です。伊藤忠、ファミマとも提携し、2012年9月にはファミマクレジットを吸収合併しました。
ポケットカードの株主優待内容は、自社のクレジットカード利用者に提供しているポイントプログラムで利用できるポイントの提供です。ポイントで多様な商品やサービスの支払いに利用できます。しかし、自社のクレジットカードを利用している方に対してのポイントプログラムのため、ユーザではない方には価値がない優待内容です。
2014年1月中旬の株価 850円での必要資金は 85,000円で、優待利回りは 1.1%と残念な水準です。優待利回りも同程度で、優待+配当のり回りは 2.2%と残念な水準です。
ポイントプログラムを利用してサービスの支払いなどに利用する場合は、1ポイント 3円換算の場合がほとんどですが、想定の利回りは、最小単位株数 100株で 1年間で提供される 250ポイントで交換できるものの中のファミリーマートお買い物券 1,000円分との交換を想定しています。そのため、サービスの支払いをする場合の利回りはさらに小さくなります。
ポケットカードの株価は 2008年から2010年末までは 250円前後で推移し、2011年から2012年末までは 350円前後で推移し、2013年に入り急騰し 2013年5月には上昇開始の 3倍近くの 1,000円を超えました。2014年1月の現在の株価は調整局面ながら業績は順調であり、ユーザであれば、株価の上昇を期待しつつ、ポイントプログラムのポイントを獲得するのはいいかもしれません。

【直近 888営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年12月29日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。