【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

(サービス業) オススメ度:★★★★★

上場市場 東証 1955年11月上場
優待内容 1,000株以上
  1.株主優待券 10枚
    宿泊 50%Off割引券(割引限度額 20,000円)
    飲食 20%Off割引券(割引限度額 10,000円)
    入場 50%Off割引券(1枚 10名様まで)
  2.提携施設株主優待券ワシントンプラザチェーン 3枚
    宿泊 20%Off割引券(割引限度額 10,000円)
3,000株以上
  1.株主優待券 20枚
    宿泊 50%Off割引券(割引限度額 20,000円)
    飲食 20%Off割引券(割引限度額 10,000円)
    入場 50%Off割引券(1枚 10名様まで)
  2.提携施設株主優待券ワシントンプラザチェーン 6枚
    宿泊 20%Off割引券(割引限度額 10,000円)
5,000株以上
  1.株主優待券 30枚
    宿泊 50%Off割引券(割引限度額 20,000円)
    飲食 20%Off割引券(割引限度額 10,000円)
    入場 50%Off割引券(1枚 10名様まで)
  2.提携施設株主優待券ワシントンプラザチェーン 9枚
    宿泊 20%Off割引券(割引限度額 10,000円)
 
 
株主優待提供時期:9月中旬、3月中旬
 
株主優待利用期限
    6月30日確定分 10月1日~3月31日
    12月31日確定分 4月1日~9月30日
 
 
利用できる施設
 
1.株主優待券
【宿泊】
ホテル椿山荘東京、箱根ホテル小涌園、箱根小涌園ユネッサンイン、B&Bパンシオン箱根、伊東小涌園、ホテル鳥羽小涌園、京都国際ホテル、ホテルフジタ奈良、ホテルフジタ福井、十和田ホテル、ホテルグレイスリーチェーンの各ホテル(札幌、銀座、田町)、ワシントンホテルチェーンの各ホテル(藤田観光旭川、帯広、青森、八戸、仙台、山形七日町、山形駅西口、鶴岡、郡山、会津若松、いわき、燕三条、浦和、千葉、秋葉原、新宿本館、新宿新館、東京ベイ有明、立川、横浜伊勢佐木町、横浜桜木町、関西エアポート、宝塚、広島、キャナルシティ・福岡、佐世保、長崎)、アジュール竹芝
【飲食】
ホテル椿山荘東京、太閤園、シビックスカイレストラン椿山荘、東京大学伊藤国際学術センター内レストラン(カメリア、フォレスタ、ファカルティクラブ)、および上記宿泊施設内の飲食店舗(テナントを除く)
【入場】
箱根小涌園ユネッサン、下田海中水族館
 
※株主優待券1枚につき1泊1室分が優待料金となります。
※一部宿泊施設の宿泊割引については、適用除外日を設定してあります。
※レストラン、レジャー施設については、適用除外日はありません。
※優待料金でインターネット予約ができます(一部のホテルを除きます)。
 
 
2.提携施設株主優待券ワシントンプラザチェーン
名古屋国際ホテル、ワシントンホテルプラザチェーンの各ホテル(高崎、甲府、静岡北、名古屋栄、名古屋金山、名古屋笠寺、岐阜、飛騨高山、奈良、新大阪、大阪なんば、岡山、鳥取、米子、島根浜田、下関駅西、高松、松山、徳島、博多中洲、久留米、佐賀、熊本、鹿児島)
 
※八戸第2ワシントンホテルは、フランチャイズ加盟契約の終了に伴い、2013年6月30日を以って営業を終了いたしました。
 
※八戸第1ワシントンホテルは、2013年7月1日より「八戸ワシントンホテル」と名前を改め、営業を開始いたしました。
 
※2014年12月26日をもって、運営する京都国際ホテルの営業を終了いたします。これまで長年にわたり格別なご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。

企業サイト:http://www.fujita-kanko.co.jp/company/ir/stock/return.html
権利確定月 06月、12月
前日株価 優待株数
単位株数
必要資金 優待相当額 優待利回り 配当 配当利回り 優待+配当 優待+配当利回り
27,100円 1,000株
1,000株
27,100,000円 54,400円
※想定額
0.2% 4,000円 0.01% 58,400円 0.22%

【藤田観光の株主優待相当額の想定について】

ホテル椿山荘東京 12月28日(土)にスーペリアツインルーム 1室 2名利用食事なしを想定し、50%割引優待券の利用で、最大割引額の 20,000円割引と想定。朝食に 1人 3,000円、ディナーに 15,000円を 20%割引優待券の利用を想定。これを年 2回。

【藤田観光の株主優待について】

株主優待内容は、自社運営のホテル、飲食店、グループのホテルチェーンの優待券です。
藤田観光は、椿山荘、太閤園を運営する高級宴会場の名門企業です。ワシントンホテルのビジネスホテルや箱根小涌園なども展開しています。
藤田観光の株主優待内容は、自社運営のホテルの宿泊割引券で、利用できるホテルは全国にあり、提供される優待の枚数も多いため、旅行が趣味の方には魅力的な内容でしょう。上記の優待相当額は 1泊+食事の年 2回(合計 6枚利用)の想定での計算のため、10枚使い切り、割引が大きな宿泊だけで利用するともっと高い割引額になります。
ただ、ホテルは通常料金のまま泊まることはほぼないため、見た目の優待額ほどお得ではないことも事実です。
2014年5月中旬の株価 340円での必要資金は 340,000円で、優待利回りは 16.2%と高い利回りとなっています。また、優待+配当での利回りは 17.4%となります。
藤田観光の株価は、2009年から2010年は 400円弱、2011年から2012年は 300円弱と低迷していましたが、2013年に入り急騰し、2013年5月には急騰前のほぼ 2倍まで上昇しました。その後の株価は軟調に推移し、2014年5月現在では 1年ほど前の急騰を開始する株価に近づきつつあります。
業績は、椿山荘での挙式も回復し、ホテルも稼働率は高水準を維持し、単価も上昇しており、営業利益は着実に増加していますので、下落トレンドが止まるタイミングまで待って売買を行うことが出来れば、魅力的な投資先となるでしょう。
また、売買数が少ないため、希望の価格で売買できない可能性も高いため、その点でも注意が必要です。
(2014年05月更新)

【直近 888営業日の株価推移】

※IE 8以下ではグラフは表示されません。

株主優待一覧へ
※この銘柄の「前日株価」は、2017年12月29日の終値が掲載されています。
 これが前営業日でない場合は、上場廃止等の可能性がありますので現在の状況をご確認ください。
 また、「-」で表示されているものは、ストップ高・安などで終値がない銘柄です。
※「配当」は、単位株数当たりの額で計算しています。

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。