【注意事項】

すべてのコンテンツの画像、文章、情報などの無断転載を禁止いたします。なお、当社はこの情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。また、提供する情報に誤りがあった場合でも一切責任を負うものではありません。

2014年04月のオススメの株主優待ランキング

2014年04月のオススメの株主優待ランキング

2014年04月のオススメの株主優待ランキング

 

4月の株主優待の権利確定日銘柄は 20銘柄

 
4月に優待の権利確定日が来る銘柄の中でのオススメの銘柄を紹介いたします。
 
4月に優待の権利確定日が来る銘柄は、20銘柄(随時確定の 4銘柄を除く)になります。前月の 3月は権利確定数は最大の月で 600もの銘柄が権利確定日を迎えますので、全ての優待内容をチェックするだけでも大変なのですが、4月はこぢんまりと 20銘柄となっていますので、自分の希望似合う銘柄をしっかり見ながら選ぶこともできるでしょう。
ただ、対象銘柄数が少ないこともあり、誰にとっても魅力ある優待内容の銘柄が多くないのも事実ですが、その中でも自分の希望似合う株主優待を見つけていきましょう。
 
 

2014年2月の株主優待オススメランキング

  では、いよいよランキングですっ!!!
 
オススメ株主優待ランキング 1位
   ヤーマン(株)(証券コード:6630)
 
オススメ株主優待ランキング 2位
   東建コーポレーション(株)(証券コード:1766)
 
オススメ株主優待ランキング 3位
   (株)TASAKI(証券コード:7968)
 
 

株主優待オススメランキングの理由

 
それぞれのお薦めランキングの理由は以下の通りです。
 
まずは、ランキング 1位のヤーマン
ヤーマンは、男性の方は余り聞き慣れないメーカーかもしれませんが、美顔器や痩身器具などの家庭用美容のパイオニア的メーカーです。
そして、オススメの理由は、優待利回りが 7%前後に達する利回りの高さです(株価が上昇を続けていますので、優待利回りは低下傾向にありますが...)。飲食店系で優待割引で得られる利回りとしてはままある利回りですが、自社商品を提供するタイプの株主優待の利回りとしては非常に高い利回りです。
そして、配当も加えた優待+配当の利回りでは 10%に接近する高さの利回りがあることも魅力です。
提供されている優待内容は、美容、健康関連の機器、化粧品といった商品の提供のため、女性向けの内容ではありますが、家族や彼女がいる男性にも価値を見いだしてもらえるものとして、オススメ度を 5にして、今月のランキング 1位に選定しました。
一昨年までの株主優待内容は化粧品が主だったものでしたが、昨年の EMSベルトは男女を問わず使えるものですので、さらに男性にとっても魅力ある内容に変わってきていると言えるでしょう。
 
 
続いて、ランキング 2位の東建コーポレーション
東建コーポレーションは、テレビCMやゴルフトーナメントのスポンサー企業として知られている企業です。
そして、東建コーポレーションの優待内容の魅力は、必要資金の手軽さとそれに対する優待利回りの高さです。提供される株主優待内容は、ハートマークショップ優待割引券で、ハートマークショップで希望の商品を自由に購入することができることも満足感が高いものになります。
また、最小単位の 10株ではハートマークショップの優待割引券だけですが、100株以上で住設機器の工事請負金額の割引や、賃貸住宅の仲介手数料割引サービスなどがありますので、東建コーポレーションで賃貸住宅を建てたオーナーさんは特に必見の内容ではないでしょうか。
さらに、1,000株、2,000株の保有になるとゴルフ場の株主優待カードが提供され、1年間何度でもメンバー料金で利用できますので、近くに利用できるゴルフ場がある方にとってはこちらも非常に魅力的です。ただ、1,000株になると 2014年3月末の株価で 4,500,000円の資金が必要になりますので思い切りは必要です。
 
 
続いて、ランキング 3位のTASAKI
TASAKIと書くより田崎真珠と言われる方がピンと来る方もいらっしゃるかもしれませんが、現在は社名もブランド名もTASAKIに変わっています。
TASAKIの優待内容は自社店舗で利用できる株主優待割引券ですが、必要資金の手頃さとそれに対しての優待利回りの高さが魅力的です。
割引率は 10%と高いものではありませんが、商品自体が相応のお値のものですので、割引される額もそれに応じたものになりますので、必然的に優待利回りも高くなります。
また、店舗は日本全国の主要都市にはありますので、その点も考慮し、3位にランクさせました。
経営再建中ではありますが、これからの景気拡大局面では業績も向上していき、株価も上昇していくことも期待できるのではないでしょうか。
 
 

2014年2月の株主優待ランキング外のオススメ銘柄

 
その他、ランクには入らなかったものの非常に魅力的な優待内容の銘柄を紹介しましょう。
今月は 1銘柄のみです。
 
(株)トーシン(証券コード:9444)
(株)トーシンは、東海地方が地盤の携帯電話販売代理業を行う企業で、ゴルフトーナメントのスポンサーでもあります。そして、2011年に石川遼選手 2年連続で欠場したことで、トーナメントの主催企業が激怒して JGTOに制裁を科すことを求めたというニュースがありましたが、そのトーナメントを主催していたのがこの企業です。
株主優待内容は、携帯電話の購入割引券とゴルフの優待券、割引券です。
携帯電話を買い換えるタイミングが近づいてきた方にはオススメの優待内容です。電話回線の契約自体はどこのお店で契約しても同じ内容ですので、優待割引券があるとついついそのお店に行ってみたくもなるでしょう。
また、ゴルフの割引優待券も何度でも利用できますので、近くに利用できるゴルフ場がある方にとっては非常に魅力的な内容です。
 
 

2014年4月の株主優待オススメしないけど魅力的な銘柄

 
続いて、業績が悪化して赤字のためにオススメはしないものの、最悪の場合は株券が紙くずになってもいい、という判断ができるならば、優待利回りはすごい!という銘柄をご紹介します。
 
こちらも今月は 1社のみ。
 (株)メガネスーパー(証券コード:3318)
 
メガネスーパーは、テレビCMなどでもお馴染みだったメガネ小売りチェーン店で、かつてはかなりの勢いがあった企業ですが、現在は、その他の低価格メガネチェーンとの競争激化で業績が低迷し、投資ファンドの支援の下で再建を図っていますが、業績は低迷したままで、株価も低迷しています。
そのため、2014年3月末の株価 30円で計算した場合の必要資金は 3,000円と 1回飲みに行く程度の資金で株主優待が確保できます。
そして、その株主優待で、30%Offでメガネを購入できるのは破格のメリットといえるでしょう。
株主優待が確保できれば、たとえ株価が半額になったとしてもメガネを 30%Offで購入できれば投資分は回収できますので魅力的でしょう。
ただ、投資をする際には万が一のことが起こる可能性は想定しておくべきですので、長期保有せず、株主優待を確保できればすぐに手放す準備をすべきでしょう。
また、最悪の事態は、株主優待の権利は確定したものの、株主優待を利用する前に倒産してしまい、株式も株主優待も紙くずになるということでしょうか...
 
 
4月の株主優待の権利確定日を迎える銘柄は 20銘柄と多くありませんが、ここで条件付きで魅力的な銘柄もありますので、その条件にぴったり来る銘柄を選んで株主優待を楽しみましょう。
 
ぜひとも、下記の 4月に割り当て基準日が来る銘柄の一覧ページで確認してください!
   【割り当て基準日:4月】 の株主優待一覧
 
 
 

| 2014/04/05

【違う条件で探す】

×

毎月の権利付き最終売買日

2013年

1月26日、2月23日、3月28日、 4月25日、 5月26日、 6月27日、7月26日、8月26日、9月27日、10月26日、11月25日、12月27日

2014年

1月26日、2月24日、3月27日、 4月24日、 5月28日、 6月26日、7月26日、8月28日、9月25日、10月26日、11月27日、12月26日

※上記は権利確定のための最終売買日になりますので、その翌日が権利落ち日(売ってもいい日)になります。